品質調査・確性試験

熱処理した機械部品が、指定図面、仕様通りの品質に仕上がっているかどうかを、材質、組織、硬さを主体に種々の分析測定観察装置を使用して確認します。

確性試験例

  • 調査品:シャフト(外径 16mm)
  • 鋼種:S45C(素材:圧延材)
  • 熱処理仕様:高周波焼入れ・炉焼戻し(表面硬さ仕様:550~640HV) 

化学成分分析

  • 火花試験(炭素量、鋼種の簡易判定が可能)
  • ICP発光分光分析(C、Si、Mn、Cr、Mo,P、S 等の主要元素含有量の分析。必要に応じて協力企業で実施)

硬さ測定

  • 図1にシャフト断面のビッカース硬さHV分布を示します。
  • HV硬さ(マイクロビッカース硬さ含)、ロックウェル/HRC硬さ、ショア/HS硬さの測定が可能です。
  • 測定場所、試験力/負荷荷重、測定間隔等はご相談に応じます。
  • 応研独自開発の「超多点自動HV硬さ測定」も可能です。
図1:シャフト断面硬さ分布測定結果

金属組織観察

  • 図2にシャフト平行断面の金属組織を示します。(金属顕微鏡観察)
  • 表面(高周波焼入れ)部は、均一微細なマルテンサイト組織を示し、仕様を満足しています。
  • 素地(非焼入れ)部は炉加熱で焼ならししたフェライト・パーライトを示しています。
図2:シャフトの断面金属組織

EPMA分析、SEM観察、X線残留応力測定

  • 必要に応じて、応研内、または協力企業にて実施可能です。